EF65。それは、国鉄が、1965年に開発した、平坦路線向け直流用電気機関車である。

その中でも、旅客列車・貨物列車に広汎に使用可能な汎用機として、1969年に登場したのが、PF型こと、EF65-1000番台である。

その中でも、前期型・後期型の二つに分かれ、新鶴見所属の車両は、現在前期型3両と、後期型39両、合計42両が在籍している。

また、田端に8両、下関に10両在籍しているが、それはまた別のお話。

新鶴見のPFは、塗装が何種類かある。

800px-EF65_2000rename.jpg800px-EF65-1063.jpg800px-JNR_EF65-1032.jpg800px-EF652101.jpg


その中でも2127号機は、現在、1本しかない広島更新である。



運用

ダイヤ改正で、一部が、64・210に捕られて運用が減った。

41運用のみ残っている。

車輛は、貨物チャンネルを見て、考えてください。

その中でも、A53・A54運用は、ホキ10000、20両を、牽引する、有名な運用。

ぜひ見かけたら、撮ってみたらいかがだろうか。