観光庁がこの度、

 

「訪日外国人旅行者受入環境に関連するSNSへの 投稿等の分析」

www.mlit.go.jp

 

を発表しました。

訪日外国人旅行者とは、「インバウンド」のこと。テレビなどでもよく取り上げられています。

調査結果は今後、インバウンドの「受入環境」の整備充実に役立てられるそうです。

 

対象としたのは、中国と台湾、香港、韓国、アメリカの5つの国・地域からの旅行者。

ツイッターやフェイスブックのほか、Sina Weiboなど、各国・地域の主要SNS(交流サイト)への投稿を分析対象としています。

データの収集期間は、2016年7月1日〜8月31日と、2017年1月1日〜2月28日。

 

 

「受入環境」に関するキーワードは全部で12個(「その他」を除く)。

トップ3には、以下のキーワードが上がりました。

 

◇公共交通

◇通信環境

◇多言語表示・コミュニケーション

 

それぞれの問題点としては、

◇公共交通:〈交通費が高い〉〈乗り換えが難しい〉

周遊パス( JRグループ6社が提供する「ジャパン・レール・パス」など)が好評な

一方、乗り換えが難しいや、交通費や高いといった不満足を挙げる声も多かったようです。

 

◇通信環境:〈SIMカードによる通信費の高さ〉

 「日本は思ったよりWiーFiがつながった」という評価があった一方で、

空港で販売されるsimカードの、通信費の高さと通信量の少なさを訴える声もありました。

 

◇多言語表示・コミュニケーション:〈道に名称がなく、目的地にたどり着けない〉

欧米と違って、「×丁目△番地」というように、道ではなく地域に名称がつくことが多いため、目的地にたどり着けないといった声が挙がりました。

 

 

 

なお、全キーワードは以下なります。(「その他」を除く)

 

 

◇入国審査

◇通信環境

◇決済環境

◇多言語表示・コミュニケーション

◇公共交通

◇海外旅行保険・医療機関

◇観光案内所

◇食事への制限

◇荷物の預かり・配送

◇免税店

◇旅行情報収集

◇トイレ

◇宿泊