うおう、今日も意味もなくスカ線に乗ってしまいました。

品川ー武蔵小杉間。

ドアが閉まった瞬間、しゅっ、ああ、これだ、と思う・・・・

JRの中距離鉄道の、この、感じ。

車掌は、生命線が半分見えてる、手袋の、激しい、まくり方。

キビキビっとした動作でドアを閉め、あっという間に急発進。京浜東北線が何やら小さく見える・・・。

西大井を出たあと、多摩川までの加速は凄かった。

おお、おお、こんなに、いいのか、速度を、あげて、ああ、銀色の大柄な車体を震わせて、まさにマッチョ、まさにマッチョ、そうさ千葉からやってきた転校生は、マッチョ、マッチョ、すごい速さで夕暮れを駆け抜けてゆく・・・・車掌のアナウンスも聞き取れないほどの、振動・・・・いや、車掌もわたしも、100キロを超えるスピードの、まるで同じ振動の中、同化する・・・・ふれまじる・・・・

スカ。

それは、インドネシア語で、「好き」という意味です

スカ、スカ、サヤ、スカ・・・・・・

ああ、昔よく乗っていた、スカ線、もとい、総武線快速。

わたしはあなたがとても好きだった。

あのりりしさの、そのままに、この手にふたたび帰ってきた。

うおう、もう到着してしまった、品川ー武蔵小杉、わずか11分。

おおう、降りたくない・・・・。

で、試しに武蔵小杉から自宅まで歩いてみたら、ず~いぶん、かかりました・・・。つ、つかれた・・・。

というわけで、JR東日本さま、綱島街道の北のほうにも改札を作ってください・・・・それがあれば、新丸子の客もJRを使うのではないかと思うのです・・・よろしくご検討くださいませ。

というわけで何をして過ごしたのか不明な日々です。

わたしは多少働かなくても生きて行けると思うのですが、それでも働いてしまうというのが働き病だなあと思います・・・・それは、アリバイ作り?いいわけ作り?かっこつけ?安全のため?・・・・

・・・そうさ、みんながみんな働かなくてもいいじゃないか、とか言いつつ、そういう自分は働かずにおれない、ずるさ、弱さ、勤労病だなと思います。なんできっちりと怠けられないんだろう?服を着たままおもらしをすることが難しいのとおなじように、自分はまだまだだなあ、と思う点です。

そういえば1月に受けた精神保健福祉士、合格していました。しかし、あんなにアンキパンを使ってまで勉強しなくても受かったような気がします。やっぱりそれもひとつのじぶんの病だなと思います・・・。

国家試験受験に際して励ましてくださった皆様、ありがとうございました。